テトテの効能

テトテの効能について第一に挙げられるのが、糖尿病と それに伴う
合併症に対するものです。

糖尿病は後天的あるいは先天的にすい臓から分泌されるインシュリンの代謝に
異常が起こることを起因としています。

テトテの飲用は、このすい臓の働きを円滑にし、インシュリンを分泌する
すい臓ランゲルハンス島のB細胞の 活化に寄与し、インシュリンの

分泌を促進させ、血液中の糖濃度を正常化させることと考える。
前述のペドロ・フェルナンデス氏は、糖尿病の末期で合併症まで引き起こしていた
非常に重篤なときに「テトテ」に出会い、自身でその効能を体験することになりました。

糖尿病の方がテトテを飲用された場合、ほとんどのの方に飲用後15日から30日以内に
即往症に対して何らかの改善の方向に向かいましす。これは驚くほど早い効能と
いえ、これがテトテの特徴といえます。

もちろん、病気の進行程度、年齢、体質などにより各自の飲用期間はことなります。
個々の状態によっては、3ヶ月から6,9,12ヶ月の飲用も考えられます。
また、先天的な要素が強いと考えられている?型の糖尿病の方は後天的と言われている

?型の糖尿病の方より改善に時間がかかることも報告されています。
飲用中に明らかな改善がみられても、担当医師が正常をたしかめるまでは毎日
継続して飲用する必要があります。

さらに テトテは次のような症状にも効果が期待できます。


? 肝臓機能回復  ? 肝機能障害  ?  リュウマチ

? 高血圧・低血圧 ? 前立腺障害  ? 皮膚疾患

? 心筋梗塞など梗塞性疾患  ? 慢性頭痛 他


特定商取引に基づく表示

Copyright ? 2012 テトテへ. All rights reserved.

inserted by FC2 system